2008年12月11日

瞬間的に暖かくする方法

やっと瞬間的に暖かくする方法の記事を書くまでに到着しました(笑)
まだ玄人編までいけてませんので急ぎたいです。

まず
瞬間的でも暖かくすればいい場面を考えてみます。

暖かいところから寒いところに入る場合、

例えば職場から外出する場面があるとおもいます。

そこでヒントや注意点など:
急に出るんではなく、職場の中でも少し温度の低いところの出入りを多くして体を慣れさせておいたらいいと思います。急に寒くなると体によくないですので。なかなか温度の低いところがなくてもオフィスの玄関からでれば温度は急激に下がります。たばこをすったりするためにしか外にいかない人も、室内外の気温の変化になれさせるのにときどきでるといいと思います。ちょこちょこでたり入ったりしてると結構、強くなったりします。お風呂に入るときに徐々にはいるのとちょっと似てますね。また、例えば、サウナとかでもずっと暖かくなったまま外にでるとけっこう外は寒くてもそんなに感じない時間が長いですよね。オフィスで暖まれるだけ暖まったまま帰るという方法もあるかもしれません。

食肉工場などで冷蔵庫に入る場合:
 マスクは必須ですね。

重要案件の商談やプレゼンで機械の故障などで大失敗の時:
 臨機対応その後の素早いフォローしかありません。

次に
持続的に暖かくしていないいけない場面を考えたい。

このことをいろいろ考えて見ただけでも暖かくなっていくようですが、だれもが思い浮かぶ
ひよこの孵化(ふか)促進プレハブなどがあるとおもいます。

暖かい部屋でひよ子が生まれてきたら気持ちはさらに暖かくなりますよね。みなさんも疑いないと思います。今わたしは、みなさんはたぶんわたしよりもっと暖かくなるような思いがすぐにあれこれ浮かんできてるような思いを想像しています。

少し冗談っぽい話になりましたが、最後に
瞬間的に暖かくする方法の定番をいくつかリストしました。

  • あったかい食べ物や飲物と運動

  • ホッカイロや暖かい部屋に入ったりサウナや温泉

  • 暖かいタオル

  • 暖かい服や耳まで被う冬用帽子やマフラーやネックウォーマーなど


  • posted by warming at 14:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 暖かくする方法 瞬間編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年12月07日

    カテゴリ別暖かくする服装対策

    暖かくする衣類を考え見ました。最後に一部私のさがしてみた商品も追加しておきました。

    今有るもので家用とお出かけ用、会社用とわけて考えてみます。

    @家用: 
     A:デザインの良いものだけど寒いもの:
     B:デザインは悪いが暖かいもの:
     
    AがほとんどなくBをいくつか持ってるひとも多いとおもいます。
    少し難しいかもしれませんがyahoo交換などでデザインのお互気に入るもので交換するのを利用するともしかしたら見つかるかもしれません。(自己責任なので目利き力などの相手とのメールやり取りで交換前情報交換力が必要になると思います。)Bの上に薄めの防風防雨のコートを羽織られると暖かくなる可能性あります。


    Aお出かけ用:
     A:デザインの良いものだけど寒いもの:
     B:デザインは悪いが暖かいもの:
    こちらも上と同様のことで利用できる部分あるのとあとは、Aでは、お出かけ専用ということでいくつか種類を持ってることが多いので若干の暖かさの違いのある服の特徴知り利用していくとほんの少しだけでも違うと思います。またお出かけということで会社等ではあまり利用できない大きなマフラーや手袋などの露出部分だけでもすると効果大きいと思います。

    B会社用:
     A:動きやすいが少し寒いもの:
     B:動きにくいが暖かいもの:
    特に通勤や通学に地下鉄や電車などの交通手段を使わない田舎の人が多いと多いと思います。これもAと重なる部分ありますが適当なマフラーや手袋でずいぶんカバーできると思います。あと腹巻wとかもいいですよ


    こちらには寒さ対策グッズ
    があります

    こちらには暖かい飲物紹介
    posted by warming at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 暖かくする方法 簡単編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年12月04日

    日常で一番長くいる場所を良く知る


    部屋を暖かくするためにに日常で一番長くいる部屋で対策をとるといいとおもいます。

    ●会社や学校にいる時間;
    たぶんこれがいちばん多いと思います。
    仕事や勉強はとてもつらいものです。中には楽しい人もいるかもしれませんがこの時間の寒さは特にこたえるので一番この時間での対策がだとおもいます。学校にいる時でできる対策はやはり暖かめの洋服をいくつか準備することだと思います。また手とか首が寒くなりやすいので寒がりの人は指の空いた目立たない色の手袋などもいいかもしれません。

    ●自宅にいる時間;
    これは大きな家の人でなかなか暖房が効きにくかったりする場合があるとおもいます。その場合はいっそうのこと小さい部屋へ移動するという手もありますが、どうしても動けない場合は、上と同様にしてたくさん着込むことで簡単に解決できると思います。

    ●通勤通学中の時間;
    通勤通学時間が結構曲者の時間だと思ってる人も多いと思います。
    寒い外から電車に入ると非常に熱くて出るときには逆に汗だくになってしまったりすることもあります。そんな時は、上着を着脱しやすいようにかばんをもったまま訓練しておくといいかもしれません。

    ●散歩や買い物中の時間;
    これは結構楽しいことが多いのでそんなに苦になるものではありませんが、やっぱり寒い時はつらいもの。天気が急に変わり寒くなってしまいコートをもってこなかった時などはわざわざ近くのお店で安いコートを買わなくても公共機関の乗り物で早めに帰るなどの対策で寒さから早く逃れ節約にもなるかもしれません。

    posted by warming at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 暖かくする方法 日常編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。