2008年11月27日

暖かくなる方法

暖かくなるための普通の人が寒くなる場面のある日常から考えてみます。


家で起きる時:
布団の中などに暖かい靴下を入れておくといいです。それから暖かい着替えは布団の中に入れられませんが、暖かくしておくと着替える時寒くありません。また着替えるときは起きる前に布団の中で気合をいれたり体を動かしたり心身強くしてから一瞬で着替えるといいかもしれません。

会社や学校に出るとき:
家から外に出るときが一番寒い時です。でもそんなに心配することは要らないと思います。なぜなら貴方はぽかぽかな布団の中からでて食事を済ませてもうここの少し寒い玄関まで着たではありませんか?(笑)と言えると思います。あとはここでも気合と体を動かすことです。ポイントとはいいませんがコートなどの暖かい格好が基本ですね。

家に戻る時:
家に帰るときも寒くなってることが多いです。
こんな時はおなかもすいてることが多いのでよけい寒いと感じられるかもしれません。でも心配ありません。暖かい家では暖かい食事を準備してみんなが待ってるではありませんか?(笑)と言いたいです。(一人暮らしの人も心配いりません。なぜなら貴方が食べる食事は多くの人の暖かい真心こもった農家の人や調理する人がいてなりたっているからです(笑でなくホントニそう思います。))。

家や会社帰りのスポーツする時;
暖かいタイツやインナーでするといいです。
(ちょっと省略気味(笑))

お風呂の時:
お風呂は・・・夜より朝も私個人的にはとても好きです。
特に朝風呂は体が温まります。気おつけないといけないことは朝はガス代がかかりやすいので節約上手にしないと結構かかってしまいます。

寝るとき:
寝るときは暖かいお布団が一番です。特にふっくらした布団がいいです。その下には毛布です。もちろん暖かいお風呂に入って体が暖まったままで入ると寒くありません。
posted by warming at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 暖かくする方法 日常編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110290485
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。