2008年12月04日

日常で一番長くいる場所を良く知る


部屋を暖かくするためにに日常で一番長くいる部屋で対策をとるといいとおもいます。

●会社や学校にいる時間;
たぶんこれがいちばん多いと思います。
仕事や勉強はとてもつらいものです。中には楽しい人もいるかもしれませんがこの時間の寒さは特にこたえるので一番この時間での対策がだとおもいます。学校にいる時でできる対策はやはり暖かめの洋服をいくつか準備することだと思います。また手とか首が寒くなりやすいので寒がりの人は指の空いた目立たない色の手袋などもいいかもしれません。

●自宅にいる時間;
これは大きな家の人でなかなか暖房が効きにくかったりする場合があるとおもいます。その場合はいっそうのこと小さい部屋へ移動するという手もありますが、どうしても動けない場合は、上と同様にしてたくさん着込むことで簡単に解決できると思います。

●通勤通学中の時間;
通勤通学時間が結構曲者の時間だと思ってる人も多いと思います。
寒い外から電車に入ると非常に熱くて出るときには逆に汗だくになってしまったりすることもあります。そんな時は、上着を着脱しやすいようにかばんをもったまま訓練しておくといいかもしれません。

●散歩や買い物中の時間;
これは結構楽しいことが多いのでそんなに苦になるものではありませんが、やっぱり寒い時はつらいもの。天気が急に変わり寒くなってしまいコートをもってこなかった時などはわざわざ近くのお店で安いコートを買わなくても公共機関の乗り物で早めに帰るなどの対策で寒さから早く逃れ節約にもなるかもしれません。

【関連する記事】
posted by warming at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 暖かくする方法 日常編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。